2015年4月16日木曜日

田舎暮らし古民家や中古住宅の無料賃貸に町おこし(村おこし)のヒントがある

町や村の人口減少対策のための町おこし(村おこし)がヒントとなる

何のための町おこし(村おこし)かを原点に返りよくよく考えてみると、町や村の人口を増やすのが目的であることが見えてくる。
だから、素直に町や村の人口を増やす取組みをやれば良い。
たとえば、日本中の健康な年金生活者全員を町(村)へ呼び込む意気込みで本気で取組めば、町(村)の人口は一気に増え、医療費の増加も無い、すばらしい年金生活者の楽園となる。
その手段として、町(村)中の田舎暮らし古民家や中古住宅の空家を家賃無料で賃貸で貸出したり、その条件として、現在健康であることと、無農薬で有機栽培のエコロジーな家庭菜園をやることとすれば良いのである。
田舎暮らし古民家や中古住宅の空家の無料賃貸などをすれば、町(村)の財政がすぐ破綻すると、誰もが考えるところに大きなヒントが隠されています。
この「田舎暮らし古民家や中古住宅の無料賃貸で町おこし(村おこし)」は、前記のヒントを早期に解き明かした町(村)から順番に実施されることでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿